0120-322-855 【 受付時間 】 10:00~17:00 ( 土日祝日除く )FAX・ウェブは24時間対応 お問い合わせフォーム

テレマーケティングのベストなヒアリングシート

テレアポ職人の竹野恵介です。
今回のテーマは「テレマーケティングのベストなヒアリングシート」です。

テレマーケティングにおいてはお客様へどういった質問を投げかけるかが重要です。
今はやたらにアポを取ったり、テレマで強引に売る様な時代でありません。

お客様の望んでいるもの、お客様の検討度合、お客様が何を見て問い合わせをしているか?
これ等をきちんと把握した上でどういう会話をするがか重要です。

これ等を管理するのは、紙ベースのものでは無理だと思います。
システムの導入をしてお客様の履歴やデータをしっかり管理する必要があります。

そして、ヒアリングシートですが、弊社ではこちらもシステムの画面上で何を聞くか確認出来る様になっています。
そして、前回途中まで聞けていたらその履歴を見て、その日の会話を進める事が可能です。

また、こういったマーケティングの仕組みの構築は外資系企業の方が優れていると思います。
私がある外資系企業にあるサービスをウェブから資料請求した時はものの5分で電話が掛かってきました。
どういう希望があって資料請求をしたのか?
今は何を使っているのか?
私に決裁権はあるのか?
予算を組む時期は?等々

これ等のヒアリング項目を1回の電話ではなく、数回の電話に分けて質問されました。
また電話の間にはメールの情報提供、セミナーの告知、郵送物ときちんとあらゆる方法を使って接触をしてきます。
電話が何度も掛かってくるのは煩わしいかもしれません。
しかし、何もしないと忘れてしまいます。

ヒアリングシートを作って何を聞くかも大事ですが、電話とプラスするツールも重要になってきます。

▲ コラム一覧に戻る

アポ率を上げる為の5つのポイント