0120-322-855 【 受付時間 】 10:00~17:00 ( 土日祝日除く )FAX・ウェブは24時間対応 お問い合わせフォーム

テレマーケティングシステム

テレアポ職人の竹野恵介です。
今回のテーマは「テレマーケティングシステム」です。

テレマーケティングのシステムは現在クラウド系で安価なものがたくさん出ています。
クラウドなので、ネット環境があればどこでも使えます。
以前の様に300万円をリースを組んでという様なやり方ではありません。

そして、クラウドで機能が劣るかといえばそんな事はありません。
むしろ、クラウドの方がバージョンアップ等がスムーズに出来ると思います。

弊社が使っているテレマーケティングシステムはsakuraというシステムです。

このシステムはベースはセールスフォースなので、営業活動にも使えます。

以前、弊社はエクセルのリストの用紙を印刷して、定規を当てて手書きで記録を取り、電話番号を押してと超アナログなテレアポをしていました。 リースのCTIの営業は何度も受けましたが金額が高額なので「私はテレアポ職人なんでアナログでいい」と訳の分からない事を言っていました。

電話業務が終了した後は、手書きの内容をPCに入力をするという事も行っていました。 こちらが結構時間が掛かり、コール数が多くなればその分入力の時間も掛かるという悪循環に陥っていました。 残業が増え、間違いでクライアントに迷惑を掛けた事が多々あります。

それが現在は「テレマーケティングシステム」で、電話番号をクリックすると自動で発信します。通話を録音する事が可能です。 通話終了後、すぐに画面にその内容を記録する事が出来ます。 結果も事前に、不在・お断り等を登録してあるのでワンクリックで結果が残せます。

また、検索機能もあり、不在の会社だけを集めて電話をする。会社名で検索する。 色々な事が可能です。 これに慣れてしまうと、もうアナログには戻れません。 昭和生まれなので昭和が懐かしいですが、「テレマーケティングシステム」だけは戻りたくないです。

▲ コラム一覧に戻る

アポ率を上げる為の5つのポイント