0120-322-855 【 受付時間 】 10:00~17:00 ( 土日祝日除く )FAX・ウェブは24時間対応 お問い合わせフォーム

コミュニケーションは難しい

テレアポ職人の竹野恵介です。
今回のテーマは「コミュニケーションは難しい」です。

最近、弊社で行っているテレマーケティング以外の業務で問題が発生しました。 ある制作物を依頼されて作ったのですが最終的に「イメージと違う」と言われ再度作成する事になりました。

ただし、弊社も勝手にやった訳ではなくきちんと打ち合わせをして、確認をしながら進めています。制作物なので完成予定図も書いたりして提示もしています。

しかし、結果は・・・

残念な事ですが、こういった事はビジネスではよくある事です。1度ミスをしたら2度と嫌な思いをしない様にと注意をしますが、時間が経つと忘れます。

今回も忙しい中で行った事なのでコミュニケーション不足の部分があったのだと思います。

テレマーケティングでは、この相違は致命的です。 お客様の信頼を失う事になりかねません。特に電話のコミュニケーションは声だけのコミュニケーションなのでこういった間違いが起こりやすいです。

声だけのコミュニケーションを補完するには?

こういう対策として、録音機能があります。 録音機能はテレマーケティング用のCTIには今は標準装備だと思います。

しかし、この録音機能はあくまでも補完機能であって、そもそものコミュニケーションをしっかり行う事が何よりも重要になります。 ただ、電話のコミュニケーションは他のコミュニケーションよりも劣ります。 目で見た方がより伝わりますし、触った方がもっと理解して頂けます。

電話のコミュニケーションはこういった見る・触る事が出来ないのでより慎重に伝える事が必要になります。 テレマーケティングではこういう劣る部分を理解してコミュニケーションをどうやっていくかがポイントです。

今はサイトへの誘導やメールで資料を送信しながら話をするという事も可能です。 電話だけに拘らないで、電話以外で使えるツールは使った方が良いです。

弊社でもテレマーケティングの実施時にお客様のサイトに説明動画を置いて貰って、そちらに誘導して動画を見て貰う。こういう事もしています。 コミュニケーションの難しい部分や足りない部分は他のもので補完をする。

今の時代ならではの事ですが、それで売上が上がるなら安いと思います。 何もしないで、クレームになるよりもクレームを未然に防ぐ小さな努力が自分を助けてくれると思います。

▲ コラム一覧に戻る

アポ率を上げる為の5つのポイント